第3回公演のお知らせ

PDFはこちら



第3回公演を開催させて頂きます。
能一番を三人で、という思いで臨んだ第1回の能「野宮」。
各々が初挑戦の大曲に挑んだ第2回の狂言「射狸」と能「熊野 膝行三段之舞」。
今回は一調一管「龍田」、狂言「縄絢」、そして能「隅田川」とさらに個々に焦点を当てた演目にてご覧頂きます。

この度の開催にあたっては、世の情勢を考えまして躊躇いたすところも多々ございましたが、この硯修會という会名に込めました【虚心坦懐に我が身を修め舞台に臨む】という所信を改めて思い起こし、開催を決意いたしました。
各々がこれまで舞台に取り組んできた姿勢と積み重ねてきた力、そして、さらに少しでも先へ進もうという意思。世の状況がどうあろうと変わる事のない、ひたむきに舞台に臨む姿を皆様にご覧頂けますよう懸命に勤めたいと存じております。

今回も前回二回と同様、我々の姿を長く見守ってきて下さった先生方や諸先輩方にご出演賜りますことを心から感謝いたし、自ら名付けた「硯修」の名に恥じぬよう心して勤める所存でおります。
何卒ご高覧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。