第2回公演のお知らせ

第2回公演


 
第1回公演の「野宮」からほぼ2年。
前回の公演終了直後から3人で次回公演に向け案を出し合い準備を進めて参りましたが、ようやく第2回公演の開催に漕ぎつけました。
前回は【能1番を3人で】という思いを第一に考え、能「野宮」一番のみという番組にいたしましたが、今回は趣向を変え、自ら望んだこの研鑽の場で、それぞれが初挑戦の大曲に挑みます。
演目は大蔵流狂言「射狸」、そして宝生流能「熊野」を膝行三段之舞の小書(特殊演出)付きにてご覧頂きます。
「射狸」は大曲「釣狐」の狸版とも言われる作品。「釣狐」に比べておおらかな趣きを持ちながら詩情溢れる曲で、大蔵流では古くから秘曲として非常に大事にされています。この上演頻度が極めて稀な演目に山本泰太郎が初めて挑みます。
「熊野」は昔から「熊野松風に米の飯」と言われるようにいつ何度観ても飽きない春の名曲。宝生流の小書、膝行三段之舞は演出や装束が変わるに伴い、一曲としての格式も上がり、ワキ方、笛方にとっても大変重い習いとして扱われています。もちろん大日方寛・竹市学両人とも演じるのは今回が初めてです。
趣向は前回と違いますが、各々がこれまで舞台に取り組んできた姿勢と積み重ねてきた力、そして、さらに先に進もうという意思の強さが問われることに変わりはありません。いわば三つ巴で挑んだ前回の「野宮」。今回は各々が持てる力を尽くし三者並立の意気で臨みます。
宝生流は国立第2期研修担当のお流儀。お家元はじめ我々が平素よりお世話になっている皆様にご出演頂きます。特におシテの武田孝史師はいまや宝生流を担う重鎮のお方、そして硯修會同人・大日方が大学時代に所属していた能楽サークルの師範でもあられました。若かりし頃に頂いたご縁がこの会に繋がった機縁を心からありがたく存じております。
また、お囃子方も我々が全幅の信頼を寄せる皆様にお力添え賜ります。
前回同様、我々の姿を長く見てきて下さった皆様に囲まれて大曲に挑むことに感謝いたし、自ら名付けた「硯修」の名に恥じぬよう懸命に勤めたいと思います。
何卒ご高覧頂けますようよろしくお願い申し上げます。


第一回公演はこちら